2008年07月10日

コレペティトゥア

オペラ制作に携わる音楽スタッフの中に“コレペティトゥア”と呼ばれるピアニストさん達がいます。

オーケストラが入る前の稽古で、ピアノ伴奏をするのはもちろんの事ながら、マエストロのアシスタントとして音楽稽古のスケジュールを組んだり、歌手のコーチとして、歌い方や発音の稽古もします。
さらに本番ではチェンバロを演奏したり、字幕や照明のキュー出しをする事も。
ピアノが弾けるだけでなく、オペラや歌手の事も熟知していなければできないとっても専門的な職業であり、オペラの出来の如何を担う重要なポジションでもあるのです。


ピアノ&チェンバロ.jpg


今回『フィガロの結婚』では
凄腕の“コレペティさん”(と我々は呼びます)が4人も揃っています。
皆さんパワフルで素敵な女性ばかり、音楽面だけでなく、現場のムードメーカーでもあります。


コレペティDSC_0006.JPG
コレペティさんの周りには、休憩時間にも音程を確認したり、アドヴァイスを求める歌手たちが集まります。

楽譜のチェック.jpg
同じ曲でも、出版社によって楽譜に違いがあることがあります。
オーケストラが所有する楽譜と、今回の公演で使用する楽譜で違う箇所がないか全てチェックしています。



(by 制作担当♪Momo)




びわ湖の夏・オペラ ビエンナーレ「フィガロの結婚」の公演情報はコチラ。
http://www.biwako-hall.or.jp/kouen/event_syousai/080718.html

携帯からはコチラ





posted by nishi at 20:24| 滋賀 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。